@

 

わたしは悲しいことがあってもあまり泣かないタイプで(人に声を出して怒るときは泣きそうになるけど)、ここ一年で立て続けに3人の葬式に参列した時も泣きはしなかったのだけど、確実に心に重くて暗いしこりのようなものが残っていて、

人生を頑張る理由とか今生きていることとか全ての実感がぼやけていて、ずっとどこにもいないような気がしてしまっていてとても怖い

死にたいわけではないけどなんとなく消えたいなと思ってしまう  悲しみは涙に昇華されず、希死念慮とか消えない虚しさみたいな形で日常をしくしく食べていくので、実はほんとはかなり参っている

 

 

毎日ご飯を食べたり誰かと話したり美しいものを見ることで、なにかから"逃げている"、だから疲れる、エネルギーを使う、眠ることは死ぬことはほぼ同じだから出来るだけ眠っていたいのだ

 

 

どこにいてもどこにもいない 頭の中で社会の顔をした声がわたしの思想を変えようとしてくるのが怖い どうにかなりますか?これ大丈夫ですか?みんなこれに耐えてるんですか?なんで?

 

@

 

誰かに守られたいわけではないし

できることなら守りたいけれど、

そういうのは実のところできっこないわけで

素振りを見せても離れていくような人が多いけれど

むしろ、人を信じられない人の方が世の中には多いらしい

みんな信じることは難しいと感じているらしい

 

わたしは人を疑うことができず、よく騙されるのですが

もうそこも学習したり自分でも予測はするんだけど

その事前の保身そのものがストレスであり、わたしのことを嫌うなら嫌う、好きなら好き、眼中にないならそれでいいから、嘘をつかないで欲しい

 

でも、わたしがそう思い込んでるだけで、ただ自分にとって都合が悪い反応を相手がしたときにそう思い込んで人のせいにしているだけなのかも?もしそうなら、もう救いがないよこの身

 

うーん、守って欲しいというか、ちゃんと

生の実感を伴って生きたいよ わたし人のために何かしたいけど人と実は分かり合えるって

救えると思ってたけど、それが全て自分の頭の中だけで行われてるだけかもしれないって

そう思ったら世界はわたしの頭の中で、人生がこの脳みそ1つではじまりおわり、今まであなたたちと触れて話して感じたこと考えたこともぜんぶ

ほんとのことなのか自信がなくなる、

もしあんなことを話した、それが私しか覚えてなかったらあの日はもうなかったことと同じなんだと 私は思うんだよね

 

 

ばあちゃんとかじいちゃんとかひいばあちゃんとか

死んだらその分親へも私へも死がこっちに寄ってくるんだよね

 

 

一緒に逃げたいのだ未来の孤独を

人は孤立すると死ぬって先生が言ってました

 

 

一緒に頑張りたい 一緒にいたい

一人を一緒にがんばりたい 

 

 

 

 

 

hey

 

 

hey ~平和、とりあえずホルモンバランスがそろそろいい感じらしく、

なんかよくわからんけど、前向き

 

 

家の近くにある古い民家の外堀の、

瓦が経年劣化で銀色が剥がれていろんな色が出てきて綺麗だった

歩いているといいこともあるのだ

 

 

 

花見をした、元バイト先の人からもらった可愛いクッキーと

スタバで適当に買ったカフェラテで、川沿いの桜の下で。

桜は、多分音で言うところの、ぽわぽわ・・・

控えめな色とか、ひらひら散る時のちょっとおめでたい感じとか、

その花弁の雨の中にいたらどんな人でも可愛くなるところがいい。

 

バイト先は私が就活で東京に住むのでやめてしまった。

でも、私は東京には当たり前に行くものだと、

疑ったこともなかった予定は住んでみると1ヶ月も持たずにあっけなく崩れたのだった。

 

なぜ東京にこだわっていたのかと言うと今やよくわからないが、

結局東京への憧れや羨望、そして自分はそこに行くべき人間だと思っていたところなんだろうな。

就活自体はそれなりに良い感じに進んでいるといえば進んでいるけど、

思った以上に、私は京都が好きすぎるんだなと思った。

どこに行くのかはよくわからないけど、関西という選択肢が増えたのはそれはそれでまあ、ということにする

 

こういう話をバイト先の人に話すとめちゃくちゃ笑われたけど、

「なんかゆわさんらしいな〜と思った、すごくしっくりくるわ。

ゆわさんはこの先もなんだかんだでうまく行くと思うよ」

といってもらえたので、良いのか悪いのかわからないけど、

こう言ってくれる優しい人たちのために私も頑張ろうと思ったのだった

 

 

 

今日はそのあと突然思い立ち美容室に行って髪を染めた、

ほとんど変わらないけどとりあえず暗くする。

美容室で映る鏡の自分を「顔が本当に丸いな〜肉が」と思いながら見ていた

太いのは嫌だし、細い人はやっぱり美しいが、

昔ほど容姿とか体型に執着しなくなったというか時代の流れなのか知らんけど

実際容姿って嫌でも崩れるし体型も健康だったらよくね?みたいな感じ

世間的に受けがいいメイクや髪型体型ファッション色々あるけど、

私は自分のそれらをちゃんと守りたいなあと思って、、

ゆっくり着実ハンドメイドの、他者を介さない自己肯定を目指して・・・・

 

 

 

とりあえずって、まずは検索ページ1ページ目にある全ての相性占いに

生年月日とか、わかる限りの性格とか、名前を打ち込むのは普通じゃないの?

もう、助けてほし〜、私はこういう時が一番楽しいのに

みんなもう私に呆れちゃって誰も面白がってくれないの〜

 

私は人に本気で好きになってもらえたことってあるのかな、

私が本気で人を好きになったことってあるんだろうか

いつだってみんな自分のために、あなただって人生で自分のことしか理解できないんだから・・儚い!

恋とか愛とか、あるとかないとかあったとかなかったとかなくなったとか

情との違いは?んー、どうでもいいかどうでもよくないかじゃね?

 

あの人のどうでもよくない存在になりたいんだけど、

いつだって私はどうでもいいってあしらわれたいんだよね〜、実はねっ

そういう人が好きだもんね 時々私のこと気にして欲しいだけなんだよね

 

かつて長い間付き合っていた彼との写真が大量に出てきたけど

絶対結婚するもんだと思ってたし彼のお母さんともご飯に行ったし

私の家族も友達も私のことよく知らない人たちも、みんな彼と付き合ってた頃が一番良かったなんていうけど

そんなことなくて私全然今の感じで満足なんだよね〜、後悔とかしないしね

 

誰の話してるの?どっかのサイトは95%って言ってたよ、相性!

この先誰と出会うかどこにいるかあなたとも絶交するかもしれないし〜

人生わかんね〜!嘘はつかない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 毎日何かを諦めることによって何かを守っている。もっと叱られたり、怒られたり、ショックを受けたりしたいだけなんだけど、自分がもしそれを求められたらうんざりしちゃうしエネルギーを使うことなので、それもまた1つ甘えであるのだ。

逃げることはどこまで許されるのだろう。粘ったり壊してみたり戻ってみたり、それでダメならどこに行けばいいのだろう。

逃げてよかったといえ感想はその瞬間だけなんじゃないのか、とかそういうことも考える

 


薬がなかったりちょっとした物質の量でこんなに世界が変わってしまうなんて、私の本体は一体どこにあるんだろう。なんという不確かで曖昧な身体の定義・

 


目黒川の駅のホームに降りて桜に向かってダイブしたくなるが、そうすると電車に轢かれて死んでしまう

 


予約した病院に行く体が動かない・

 


昨日、なんか色々あった気もするが、あんまりよく覚えていない・

 


明るい人間のことが好きだし羨ましいが、とにかく楽しくやろうというのはある種の義務なので、少し距離を取る

 


深く考えずとにかくやってみようやってみなきゃわからないやっちゃったあとってどうするの?・

 


自分を使い分けられない秘密を持てない嘘をつけない好きじゃない人に好きっていえない

 


おそらく、おそらくですよ、嫌だと言いたいはずの自分を誰かが奥に押し込んで、なんかふんわりするんですよ、ふんわりした感じにしちゃって、なんかニコニコしちゃって、ほんとはやりたいわけでもないしやりたくないわけでもない、つまり意思がないからその時点でもう私はいないのに、なんか全員私だと思っててウケる私はずっと天井にいるのに

 


嫌いとか好きとか、そのどっちかには必ずその分のエネルギーがあり、きちんと視界に入っているのだ私のことを認知している人に対等に認知を返せないうまくできないうまく配分できない意識が

 


君のことは考えたこともなかったな、いつもことあるごとに頭に浮かぶのはなんか特別な感じの星に住んでる彼なのだけど元気だろうか。会いたいなあ

 

明日は引きこもりたいな

 

 

弱気になって、勝手に弱り切ってメソメソした先に何もないことは

自分も他人もわかっているので誰も注目しないのに、

何に対してなのかもよくわからず悲しい気持ちになっているのはなんでだろう

 

文章言葉はかろうじて、、だけどもっと情報のあるものをとても受け入れられない・なんだか集中力が続かない・感想がいえない

新しいものが入らない・どこにも落ち着かない・一人でいても二人でいてもどこにもいないような感じがする・

 

あまり力が入らない

 

みんな同じに見える・吸い込まれそうになって歩けない

料理をしていると落ち着く

 

今更、何ものにも染まりたくないとか言いたいわけでもなく、この世を嘆くような若い勢いある気持ちになっているわけでもなく、ただただあてもなく過ごしているような、自分のために仕事を探したり人と会っているのに誰のためにもなっていないような気がする

 

私は本当にこれで嬉しいのかなあとか・人に会いすぎなのかも

 

無痛になった・無痛になってしまった感じがする・

なんかなんも感じない、何言われても何されてもそこに、人がいて、なんか触ってきたりしても無痛・いい匂いがするしちょっと接触するぐらいなら無痛・キスも手を握るのも意味もないような・なんも意味ない

 

人の目に私が映る時・その人にとって私はその人の人生のシーンの1コマにすぎないのだと思うと・というか私もそうなのだけど・私はきっと誰かの特別な女の子になりたいのだと思う・

 

みんな何かを信じ込んでないとやってけないけど、それに気づいてからの復活がまだできてないんです・・

 

・一番力を持っていて情報を持っていてそれで持って一番間違えているのは人間だ

自分に影響を与えるものは人間が一番だと思っていたが、そこのセンサーが正しく機能しているのってちょっと、季節とかそういうのも影響受けちゃうからさあ・

何が確かなの

 

裏切られてもない・全部全部予想できる未然に防げる・私の言葉一つで状況も変えられる、楽しくないよお

 

人と暮らすと余裕ができます・ご飯を作って食べてくれると嬉しい!

人のために生きたいんだけど、実際自分のために生きてくれて嬉しい人って少なくない??

 

自分に意識が行くとよくわからなくなるのなるの(〜の、って可愛いから反復したくなる)・

みんな自分のこと考え始めたらさ、ある一定の段階でちょっと議論をさ、お茶の時間にしないと、何もなくなっちゃうでしょ

 

私を生かしてくれる人がいない !

 

 

なんかグラグラしてるよ〜

東京・だめ?京都は?徳島は?どこにいっても変わんないでしょっ

 

人生は?どうにかしないとどうにもなんないよ〜

はああ・可愛い服でもきたらちょっとはましになるのかな

いつから好きなことって悲しみから目をそらすための道具になってしまったんー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意識がうまく続かない

 

 

 

東京に来て5日目、本日同居人は家におりません。

周りの人に怪しまれながらも転がり込んだ東京での生活は

まあそれなりになんとかうまくやれていると思う。

おそらく私の意味不明な価値観と行動に同居人が痺れを切らして

追い出されてもおかしくないような気もするけど、

思ったことや自分の意見はきちんと言おうという感じ・・

 

就活で東京に来たのにイベントばかり行っているので何をしに来ているのかわからないが、

なんせデザイナー職はこれからが大変だ。来週はきちんと説明会と面接がいくつかあります。

まあ、東京にいても京都にいても毎日が暇なのにはあまり変わりがないし、

こっちの方が人も機会も多いからいいもんね・・

不具合とかうまくいかなさ感じたらそそくさと退散しましょうッ

 

 

同居人は私にtinderを教えた人で、東京に就職してからもバチバチに活用している。

今日と明日は3人会うらしく、よくそこまで精神力が持つなあと感心した、

数人の女の子に定期案件として飲みやらデートやらに召喚されるらしく、それが嬉しいようなんですが(全く理解できないしあまり人に言わない方がいいと思うな)

確かに、東京に一人で来て働き始めて、気軽に呼べそうな友達とかも少なかったら雑に異性と遊んだりするようになるのかなあとか思ったりした。

 

私はもう繰るカード全て同じ顔に見えるのでやめました

 

 

 

なんか、ここ最近ずっと体調が悪いということもあるけれど

頭の中がずっとふわっとしていてしんどい。。春はいつもそう。。

毎年ぐるぐるして気づいたらもう5月とかになってて、

知らないうちに社会の単位が1つ前に進んで人間が元気になってしまう。

今年は元号なんかも変わってしまうし、もう、辛い・・・

 

変わらないものなんて世の中にないし、帰る場所なんてものもないし、いつか親も死ぬし、

それでも永遠を信じられるような存在・・例えば最愛の人とか宗教とか・・そういう、心をよせる世界の中心みたいなものがずっと不在で、不安定です

 

自分は自分を軸に生きている(当然だけど)けど、私の精神は他の人とか環境とか見たものに構成されているから、そこに諦めみたいなものが入ってくると、頑張れなくなっちゃうんだよね。

春の後ろめたさ〜〜、憂鬱、マイナス

 

 

 

 

 

 

春の訪れは相変わらず、気温ではなく花粉症でしか感じられないのがなんとも

 

 

日展示を終えて、その中で色々と感じる個人的な思い出などもあって

しばらくずっと人と自分との関係に無関心というか、

悪い言い方をすれば都合のいいように関係をコントロールして一人のんびり暮らしてたんですが、

やっぱりこれではあんまり楽しくない気がしてきて、すこし色々書こうと思いました

 

 

 

人と関わるのは本当にめんどくさいことで、

ある程度の範囲は放置して、でも気にかかるところは気にかけて、

まともに向き合おうとすれば性別問わずよほど覚悟がないと適当なことは言っちゃダメで。

 

一人一人、自分と相手に最適な程よい距離感があって、それはすこしのきっかけで変わるものだから定義はできないけれど、

自分の身を守るためにも相手の身を守るためにも「諦め」をポジティブに共有できる関係が大事だよね

 

私は好意的に接している人の数だけ愛を持っているつもりで過ごしていて、

その表現方法も言葉だったり身体の接触だったり眼差しだったり沈黙だったり様々で、

それが必ずしも相手に100%で伝わるわけないし、別種の愛だと勘違いされている可能性もあるし、相手がどう受け止めたのかは結局わからずじまいの連続で、そこをあえて確かめ合うならば言葉を使うしかない、そんな程度のものなのです

 

 

男とか女とかあんまり意識したくない(意識しすぎて一周して嫌になってしまってるのは私の方かもしれないが)し、

恋愛感情は特別だからそんな頻繁に起こるもんでもないだろうし(恋愛という言葉と、私がある人へ向ける態度を比べてみて、世間でいう最も恋愛らしいものへ当てはめるだけのものとさえ思ってしまう今は)。

だって全員好きだしな。

 

 

そして、いわゆる友達とか恋人とかアリとかナシとかそういうのを線引きする行為が私の理屈だと存在しないゆえ、自分が傷つかないようにするには、そこはやはり社会の暗黙の了解を飲むしか方法はないっぽい。(時々自分なりの理屈をこねてしまってだめになるけど。)

 

 

人を傷つけたり、わかりきってるような結果に目をつぶって暴走したりして、

こんなめんどくさい、言い訳みたいな理屈を全部全部を壊してくれるような存在がいると信じてるけど

そんなんじゃ重さがすごくて暴力になっちゃうし

人生ムズ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

vivivit展

 

vivivit展に出ました。その感想

 

まずはじめに

vivivit展というのは、クリエイターの就活情報やポートフォリオサイトを運営する

株式会社vivivit主催の展示会で、企業の人事の方や一般の方が見に来て実際に作品を見ながら話せたりします。

グラフィック部門とUI/UX・ゲーム・3DCG部門があって、

全員で30人ぐらい?関西の学生が集まって、

遠いところは福岡や名古屋からも参加してました。

私はvivivitにもともと登録していてちょくちょく活用していたおかげなのか、

お誘いの連絡を受けてグラフィック部門に参加することに。

 

 

 

 

搬入のときに私はまじで病んだんですが、というのも

マジで周りの子の展示がレベル高すぎて・・・

搬入中ずっと黙々と怖い顔でやってた、

もうしんどくてしんどくて搬入終わって家帰って寝込んだ笑

さすが、選ばれし学生って感じだわーと思って見てて

なんだろうねー、私は初めて自分以外の同世代の作品をこういう形で見たので

衝撃というか、「あ、こういう感じで展示ってするもんなんだ!?!?」

みたいな、新鮮な気づき・・・

 

あと、別に自分を卑下しているわけではないんですが

やっぱ美大・芸大生のデザイン作品の作り方というか、

雰囲気?組み立て方が違うなって感じました

みんなどんな風に考えながらやってんのかわからないけど!

性格かもしれないけど、私は表現にしろアイデアにしろ動機が理屈っぽいんだよねー

 

まあこれはこれで自分の強みとしてアピールしてると、

すごく興味持ってくれる企業とそこまででもない企業の反応の差が顕著で面白かったな。

ブランディングとか販売戦略とかやってるとこはウケが良かった印象。

0から1じゃなくて、1から10の。?

てか大学の人からしたら私とか研究室でやってることタコパぐらいのよくわかんない人なのに

外に出たらアカデミックな人に見られるんだなと思った。笑

モノは言いよう…

 

私以外のグラフィックの子は全員芸大だったんですけど、

イデア展開とか表現技法がやっぱ上手なんだよね、感性的な部分というか。。

作品そのものでは私はやっぱ限界あるよなーと思いつつ、

デザ経で学んだプレゼン能力と祇園の接客(笑)培ったコミュ力でなんとか乗り切り

それなりに好感触で終わりました。

 

 

 

 

あとまあ初めから気づけよって感じなんですけど

就活って戦いとかじゃなくて自分と合う会社を探すことだから

別に人と比べたり自信なくす必要なくて、

みんなそれぞれにハマるデザインの分野があるはずで

ですから私も私がハマるところをゆっくり探して行こうって感じなんだよね

てか、そのためのイベントなんだよね笑

どうしても名誉とか地位があるものに安心しがち人間なのですぐそういう、

周りと比較したり順位とか位置とか数字を気にするんで気をつけなきゃだなー

 

 

自分自身がどういうデザイナーになりたいかっていうのに答えは結局でず

デザインする媒体(webか紙か)にも結局ふんわりしたままで、

ただはっきり言えるのは

いろんな職種の人がいるところがいい(企画・エンジニアリング・営業等々)から、出来るだけでかいとこ行きたいなとか、

webはやっぱり、それだけってのはあんまり気乗りしないなあとか、

割と自分の中でも発見があってかなり刺激になりました。

 

あとは、ロゴの専門?の制作会社の方にも声をかけていただいたり

個人的にロゴのお仕事もいただけたりして

仕事ってまじで、あるな・・・・とか思った

んー、頑張ろう

 

あんまり下手に守備範囲広げすぎても中途半端になっちゃうからなあ

そろそろ断捨離して、頭もスッキリさせよおー

興味に素直に、感情は表明し、前を向いてこ・・・・・・・・・・・

 

 

ブログ読んでくれる後輩いたらめちゃ嬉しいんですが

私は似たようなジャンルで話を聞ける先輩とかが身近にいなかったので

もしコーセンからグラフィックいきたいなあとか思ってる人いたら力になりたいな〜

 

 

 

あと2日目の夜のLARGE SIZEが楽しくてハッピーだった、全然関係ないけど・・・

音楽は最高 愛