敬語について

先日、最近仲のいい先輩とご飯を食べていたときにこんなことを言われた。


「敬語使わなくていいよ。」


私は、家族や親戚、恋人、小さい頃から仲のいい人などを除けば、年上の人には必ず敬語で接している。おそらく多くの人はそうだろう。


すごく頼りにしていて距離の近い先輩や先生などには、多少タメ口混じりで会話することも確かにある。だが、基本的には敬語を使う。

そうしないと、自分の中でしっくりこないのだ。

 


でも、一体何にしっくりきてないのだろう。

 


この時目の前にいる先輩は、続けてこう言った。


「敬語を使われると、先輩扱いというか、先輩と後輩の壁みたいなのができる気がして、私に変な責任感が生まれてしまうから。」

 


そうだろうな、と思う。よくわかる。

仲良くなった年上の人に今まで何度かこんなことを言われたことがある。

だけど、それでも、やっぱり敬語が抜けないのだ。

 


正直、世の中に溢れている敬語は慣習的に使われているものだと思うし、

私に染み付いている"敬語を使う"という行為も教育によって植えつけられたものなのだと思う。

時々敬語を全く使わない後輩が現れたときに少しだけギョッとしてしまうのは、

自分に敬意を払わなかった怒りなどではなく、このあたりのバックグラウンドの差異に動揺しているに過ぎない。

 


そうだ、教育された暗黙の了解なのだ、と納得してしまえばこの記事を書く理由はないのだが、

なんとなく"そうじゃない敬語を使う理由"というものが最近芽生えているのを実感しているので、これについて意見がほしくて書き留めることにした。

 

 

 

そもそも、年上である、年下である、というのを決める指標は生まれた順番以外存在しない。

そのような括りは、社会で人が生きる上で便宜上それらをまとめるために一定の期間に生まれた人間をまとめているに過ぎない。

 

例えば、日本では4月1日に新しい"年度"が始まり3月31日にそれが終わる。昔に日本人が決めたこの一年という区切りの間に生まれた人が"同い年"である。

 


違う視点で見れば、実力の差などもそうだ。昔に比べると自由な思考が許されるようになった現代では、自分より無能な年上も、はるかに有能な年下もゴロゴロといる。

 


そう考えると、年齢というものは本質的にはなんの意味も持たないただの数字である気がしてくる。

しかしそれは違う。

 


私がこの記事で一番言いたいのはここからで、

一見意味のない数字に内包されているものに敬語を使う理由があるのではないかと考える。

 


それはなにかというと、

「年上の人々は、私がどうやっても埋められない、あるいはまだ訪れてさえもいない時間を既に生きている」ということだ。

 


そんな大げさな、と笑う人もいるだろう。

 


しかし、よく考えてほしい。

もし、どんな薬を飲んでも、どれだけ必死で働いても、時空にまつわる物理学を学んでも、

年上の人と生きてきた時間を同値にすることは不可能なのだ。

これは、実はすごいことではないのか。

 


しかしこのままでは、じゃあ自分より一ヶ月早く生まれた人にも敬意を払うべきなのではないのか?という反論を食らいそうである。

ここについても考えた、それについての意見はこうだ。

「一般的に、一年以上の時間を置かないと生きてきた時間の差異を感じることが難しい。」

 


本当に、これについてはボコボコにされそうだ。突然一般論を喋り始めているし、結局それも社会の枠組みあってこその思考だからだ。

年齢制限などが存在する限り、それによって人の性格や経験もある程度均一するのは自然なことである。

 


それでもやはり、よく言われる"大人の余裕"というのは、

私が先ほど述べた"絶対に埋めることのできない時間を生きてきた"という揺るぎない事実があるからこそ醸し出されるものではないのか。

それは、自分が知らない社会経験や人間関係のノウハウなどだけではなく、もっと根本的な、生物的な本能にも関わってきているという気さえする。

少し前に父親も言っていたが、「どんなに仕事ができなくても、年上の人はもはや居てくれるだけでいい」という言葉が少し理解できる気がする。

 


そういう壮大なものを抱えて、せめてもの敬意を示すことで敬語を使っているのではないかと、私はこの先輩に熱く語ってしまった。

敬語なんかで表せない、もっと大きなもの。

 


もちろん、日常生活でいちいちこんなことを考えているわけではない。たらたらと語ってしまったが、正直自分でも敬語を使う理由の大半は慣習的な意識が占めていると思う。

 

しかし、暗黙の了解に流されるのに抗って、なにか自分なりの理由をつけたくなるのは私の趣味だから、これが間違っているのかどうかはさておき、なんとなく楽しいので、これを見た人がどう考えるのか知りたい。

無題

午前4時半

タイムラインの人間がまだほとんど寝ていることがわかる程度には、私しかいない。

さっきいいねをくれた人ももういなくなった。

 


またしても始まる新しい一日を平和に過ごたいと願い、そのために健康な調子を用意する。

ゆえに眠りにつく人々、を見ている。

私は?

早く寝ないといけない、という焦りなんてなくても誰も困らない春休みであったので、

今日もこうして起きている。

 


人の活動が見えなくなることは今の私に安心と休息を与えてくれる。

利害をもたらす・もたらさないとか、

可愛い・可愛くないとか、

そういう問題とは別で、眼中に入ると脳のある一定の割合を占めてしまう人間というのがたまに現れる。

来世も人間なら、これを恋とでも呼べる明るい人格でありたい。

 


ただ、考えることは大変なエネルギーを使う行為だ。

0か100の不器用な性格であるため自身の生活を犠牲にしてしまうことも多くあり、

何か決定的なきっかけがあったり、限界になってから他人の力を借りてなんとか乗り越えてきた。

自分の力で断ち切るべきものを選び、情報を選択し、情をコントロールしたい。

友達には感謝しかない。

 


ミュートすることを「寝付かせる」と呼ぶことで、かろうじて自分の行為を肯定してあげるような情けない人間である。

理不尽を100%相手のせいにする勇気がなければ簡単に殺される。

名に刻まれている限り捨てられないが、せめて小出しにしたい、優しさ。

無題

やけに長く感じた冬がようやく終わってきつつあるような、

それでも不安定な気温と気圧に翻弄されて鬱々、春の日ですね。

春が好きな人は多いですけれど、私は今までかつて春を楽しめた記憶がない。

というのも昔から重度の花粉症に苦しめられる体質ゆえ、スギやヒノキのせいだとはわかってはいても

世界の全ての花々すらも憎らしく見え、当然桜もその対象で、お花見にも行けないし第一外に出たくないのであった。

 

それはそうとずっとそんなことも言ってられず、まるで1年をすっかり清算したような顔をしてはまた新しい1年を連れてくる学校、

私は春から大学3回生になる。

そこまで劇的な変化があるというわけではないけれど、必要以上には学校に行くことがなかった私にとっては

重い課題がのしかかることが約束されており、そこに付随する人間関係や自己の能力のことに思いを巡らせるだけでも拍動が不安定になる。

 

歳をとるごとに生きづらさが増している。もともと人前で喋ったり大人数でいることが得意ではなかったが、

人間関係もそれほど問題なく過ごしていたし、大学に入ってすぐまでは社会に溶け込めていると思っていた。

ただ、自分が思っている以上に頭の中で多くの考える必要のないものまで大量に考えている、

そしてその杞憂一つ一つに向き合っている為に、いつもなぜだか疲れている。

そして、周りの人間ができていて私にできないこと、そしてそれは私しか気づかないということ。

最近わかったことだが、これには名前がつく。かもしれない。

 

自分のこと、恋愛のこと、人間関係、お金のこと。

まだ可愛らしい方よ、これからもっと大変に・・・などと、脅しに近い形で揶揄されるような20歳の諸々の問題は、

時間が経たない限りいつだって、生活の全てで、全てなのだ。

それでも時間は平等に、同じスピードでしか進んでくれない。今が完全に過去になるまで、はっきりと思い出として括れるようになるまで、あとどのくらいかかるんだろう。そんな日はくるんだろうか。

 

ピアスの穴をまた1つ増やして強くなったように錯覚する。

外見が内面の一番外側なんだったら、外堀から強くしていけば中身も強くなれるってことでしょ?

 

必要以上に眠ると、それを責めるように悪夢に叩き起こされる。

 

文字を目で追うことだけをしていれば煩雑な意識から逃れられる本。目を閉じても流れてくれる音楽。

救い。

 

調子はどうですか、きちんとご飯食べてますか。

脳みそと頭蓋骨の隙間にずっといる人影。

 

 

 

2017

2017年も年の瀬、色々と思いかえそうと思ってブログを久しぶりに立ち上げました

個人の綴りなので、誰に向けて意識しているわけでもないです

サラハで「もっとわかりやすい文章をかけ」「抽象的すぎる」「ブス」とかいう悪口を送って来ないでください、フリじゃないです

前の記事は大昔のことなので少し恥ずかしいので、あまり見漁らないでね・・

 

 

2016年は確か、受験に始まり大学生活最初の年で右も左もわからず・・・っていう感じだったのですが

今年はそんな平和でときめかしい年ではなかったとまず断言できます

 

私はただひたすらに、今まで社会を知らなくて

当時の彼氏も高校や大学の友達も、

私と同じ価値観の人間を自然と配置してきたようでした

 

どこからそこに物足りなさを感じてきたのかは曖昧ではあるけれど、

もともと好奇心は旺盛な方、というか、

興味を持ったら手に入れなければ体験しなければ気が済まない人間なので

 

そんな具合で1月あたりは

当時通っていた外部のセミナーのようなもので感化されたのも重なり

悪い大人にあっさりと引っかかるのでありましたな〜

 

今までふんわり何も知らずに生きていたのがダメだったんでしょうけど。

まあそれからすぐに、2年半弱付き合った恋人と別れまして

主に大人に、今まで知らなかった世界に連れていってもらったりしました

後先も考えず、吟味もできず、悪と善の判断もできず

満たされていく好奇心とは反比例して

今まで保ち続けていたはずの自分の芯が完全にブレていきました

 

 

人間として、女として、学生として、成人として、

どうあるべきなのかわからなくなって

私はその答えを知りたくて、世間の目も憚らずにとにかくいろんなことをしていました

そこにある種の欲が介在していたことも否定はしませんが

今思い返せば自分のキャパシティを超えることを

自分はこういう人間なのかもしれないと思い込むことで

大人になっている気分になっていたのかもしれません

そういう割り切った性格でもないのに

 

でもそういう中で考えたことなんですけど

いろんな人と出会って話をすると、もう、何も言えなくないですか?

世の中には事情のある人が多過ぎて、それぞれが物差しを持っているから

極端な例でいうと、人を殺してしまった人も一概に責めることはできなくないですか?

だから、人のことを、しかも本人が嫌がる形で攻撃する人がわからないです

理解することを放棄するぐらいなら攻撃に逃げず黙って去ってほしいものです

なんの話かしらん

 

 

5月に、とある男性とたまたま会いました

私はいつもの、中身のないくだらないやり取りに嫌悪感を抱いており

これに終止符を打つことだけを考えていました

で、たまたまあった男性に告白してその日に付き合いました

もう、デートを重ねたりとかも一切なく

一旦、「彼氏」という存在を立てることで

私はこの生活をやめることができると思っていました

 

そういう私も、付き合ってくれた彼氏も頭がバグってると思うのですが

なんやかんやでその彼氏とは最近まで付き合っていました

私は、地元にも大学にもいないタイプの人間で

最初から最後までずっと、分かり合えないと思っていました

 

私は心が弱く、確固たる自我を持ち合わせていないので

2017年上半期の、心と行為が伴っていないあの期間をよく責められていました

まあ、理解されるはずもないです

 

目の前のことを一緒に楽しんで

知らないことを教えてくれる、話してくれるところが好きでした、今も好きです

5月から12月の付き合っていた期間、

彼氏に必要以上に警戒心を持っていたので、

傷つけたことも少なからずあったと思います

私も彼も悪いし、私も彼も悪くないのです

ずっとそう思っています

 

私が色々と耐えられなくなって、別れを切り出しましたけど。

結局、彼氏でなくなることでお互いの生活を必要以上に干渉してはいけない、と言う意識を自分に植え付けるための別れに過ぎなかったと思います

嫌いになったのではないのです

周りの心配してくれた人には申し訳ないです

私は嘘でも、私を必要としてくれる人を突き放すことができません

時間が経って彼の中で私が死ぬまで、私は彼を殺せません

 

未練がましいものがタラタラな女の戯言が続きましたが・・・

 

得た新しい友達もいたり、今までなんとなく手をつけなかったものに手をつけたり

色々と変わることが多かったです

化粧も変わったし、金遣いも変わったし、行く場所も変わりました

お母さんには、もう娘じゃない別の人間を見ているようだと言われました

 

友達と恋人と家族のカテゴリーに分類できないような人間にも出会いました

出会いましたっていうか、出会っていたんだけど、やっとちゃんと話せて確信できたという感じです

最近手紙をくれた人物で、私との出会いから始まる思い出を彼の言葉で綴ってくれました

多分、これからずっとその人と一緒にいるんだろうなと言う感じがします

将来、一緒に東京か香港に逃げると思います

各々安心して自由に生きるための場所としてあり続けたいです

 

 

1500文字を超える文章をまとめるなら

バグってバグってバグりまくった一年でした!

出会ってくれた人たちありがとうございました

2018年も、私の好いてくれる人は仲良くしてください^^

愛してます

お疲れ様でした。がんばろ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殻に閉じこもる感覚

 

最近、おもうように好きなことに向き合えません

あの日のあの言葉で、好きなことを好きなだけじゃダメであるかのような気がしています

それが好きで、それに影響をうけて、自分を形成していく

わたしはそれができていない、面白くない人間であるような気がする

 

 

それがつらくてつらくて

だから今日何か搾り出そうとして

画用紙を広げて絵の具をのせたのだけど

何も書けなくて捨ててしまいました

シャーペンに持ち替えてもなにもかけないのでした

 

だからおとなしく、たのしくトレースしようとおもいました だけど

わたしは昔に本当に好きだった絵師さんがいて

ツイッターもタンブラーも残ってなくてもう絵は見れないのだけど

その人のような絵を描きたい、けど

どうしようもない、またチョコを口に入れて倒れこむ

 

 

川上未映子、禁断の多数決、lamp、フェアリー、古着、チョコ、牛乳、柑橘、アクセサリー、きらきら、もこもこ、三重野さん、千原さん、佐々木さん、ikumi、bopper、アーバンギャルド中村ちひろちゃん、乙女、お母さん、れいくん、雲、肉、相対性理論、ラブリーサマーちゃん、パソコン、VOU、京都、にっこり、幾何学柄、ツイッター、甘いもの、透明感、アリムラさん、HUS、ZINE、虹色、かわいいもの

 

 

そもそも、自分の内側にあるものを何かの素材を選んで表現して人に訴えかけることができる人間なのかな?

でも、それができないならきっとアーティストにはなれないけれど、アーティストになりたいわけじゃないからいいんだよね

 

 

すごくセンスがよくていっぱい考えられてて

人を惹きつけるフライヤーとか装丁とかを見たら

こんなのできっこないぜーとかおもうけど

まあまだ、経験もないしできないか、、とかおもうけど

それは言い訳なような気もする、だって

同級生とか3つぐらいしか変わんない人とか

すごい人いるもんね、

やっぱりまだまだ勉強だね

気に病む間も無く勉強しないとね

だってデザインが好きだから、もうここでデザイン以外の道を考えられないから

がんばろ

 

 

ところで、川上未映子さんご存知ですか

わたし本当に川上未映子がすきで

言うてまだ4冊しか読んでなくて、

今ヘヴンよんでます

 

高校の時、ツイッター川上未映子の文章に出会って、

発光地帯のスノードーム前々夜だったかな

そこでずっと心にとまってたんですけど

大学に入って愛の夢とかを読んで

死ぬほどハマりました。

リボンにお願いと、わたくし率イン歯ー、または世界を読んだんですけど

愛の夢とかの、特に「いちご畑が永遠に続いていくのだから」は7回ぐらい読みました。

日常生活を鮮やかに、鮮やかじゃない色で書くと言うか

文字だから白と黒しかないんだけど。

情景が浮かぶけど、その情景は明るくて元気な様子じゃなくて

すこし褪せたような色味ってかんじで、静かで穏やか。

その感覚がたまらなくすきで、丁寧で

言葉遣いとテンポも本当に好き!

わたしはあまり言葉をまとめて伝えることができないんですけど

その脳内をすこし美化して、そのまま文章にしてくれているかんじがする。

好き〜だいすき、

 

まあそれはさておき

わたしははやとちりだから

ゆっくりしっかりと19歳を生きよう

言い聞かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとまらない問題

 

頭で思い浮かべたことが言葉になった途端に、あれこれなんかちがうな、、

って思ってしまって口ごもり、空気を止めることが最近多いのはどうして!

 

 

自分が好きなことしたいこと、できる限り目をそらして

そらされたものたちぜんぶ一冊に綴じちゃおうよ〜

 

 

具体とか抽象とかよくわからない

相手がどうとかみんながこうとか、想像しにくい

だってわたしの世界の中心はわたしであって

あなたの住んでる世界とわたしの住んでる世界は一緒だけど違うから。。といういいわけ

 

 

川上未映子がすき。言葉のリズムと日常的でかつ細やかな綺麗な比喩がすき。切なくてでもよくわからないあの瞬間を言葉にしてくれるからすき。

「結局。部屋にある電気をぜんぶつけて、その光をぜんぶみても、くしゃみは体のどこかへ消えてしまう。あるいは額と天井のどこかへ。あるいは。もしかしたら。彼はあのとき強い光って言ったんじゃなくて、太陽の光って言ったのかもしれなかった。だったら、そらなら、この夜にはまるで関係がないことだと思う。わたしも、彼も。」

愛の夢とか』という川上未映子の短編集のお話の一つの、とってもすきな部分です。

 

おしまい! おやすみ

 

 

 

lonely call①

ななしさん

神奈川の大学生4年生の男の人。朝散歩のお供をして、帰ってタバコをふかしながらの通話。落ち着いた声と口調の人。なんだか賢そうな人だった。ギターのオーケストラ?みたいなサークルに入ってるらしい。ちょこちょこ意見が合わなかったりもあるけど長く話したし、いろんな考えがあるなあとも思ったり。途中で切れちゃって悲しかったけど、またどこかで。

 

ななし

昨日も出会ったタメの女の子、名前は、はるか。まさか2度目も会えるなんて〜嬉しい、嬉しすぎる!お互い名前も覚えて1日のこととか昨日電話切った後のこととか話した。お互い運命のイケボには出会えず。君の名は。をゴリ押しされてすごく見たくなった〜(◜௰◝)キモい名前のユーザーとか深夜一人で自分をいたわるおっさんの悪口をひとしきりいっておやすみなさい。また出会えるといいな。

 

ななしさん

25歳の酔っ払ったお姉さん。姉さんって呼んでた恋愛のアドバイスを受けた。若いうちはいろんな男と遊んだほうがいい!とか(笑)明るくて楽しくて方言がかわいい人だった。神社とかお寺が好きらしくて、御朱印集めいいですよ〜って話して盛り上がった。すごく優しくて話してて楽しかったなあ〜なんだかすごく可愛がってくれた。こういう女の人の知り合いっていないなあって思って、なんだかすごく嬉しかった。またいつか話せるといいな。