読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂糖と寂しさ

 

 

今日熱海から京都に帰る、1番初めの列車

途中で降りなきゃいけないのに間違えて終点の静岡まできちゃって

もうなにも考えずにおとなしくマックに入る

 

f:id:gyozaoishii:20160905141956j:image

 

うん、やっぱりマックフィズのゆずはおいしかったし

サラダもめっちゃうまいし

それ以下でもそれ以上でもなく

いつも通りおいしい

 

落ち着く

 

誰も絶対なんて言ってはないけど、

私は多分、「せっかくなんだから」を義務に捉えている

「せっかくここに来たんだから、〜〜を食べるべきだよ」

期待しすぎるし緊張もするしお店に入れないし

ご飯を探すのに、たいへんな労力を使う

 

おいしいものを食べたいなとは思うけど

どんなに高い料理を食べても味気ないのは、

やっぱり一人だから

家族や恋人、大好きな友達といるとき

大体のものはおいしいと感じるし

その逆もしかり、おいしいと感じるのは大好きな人と一緒に食べるから

 

一人旅はもうきっとこれが最初で最後かな〜。

綺麗なものは見れてよかった。

 

楽しまないと、っていわれると楽しまないといけないと思ってしまう、義務

まあ、「楽しめるもんなら楽しみなさい」なんていう人なんていないけど。

楽しい感情は気の持ちようではなく、

感じたことを声と表情で誰かに伝えたときに

初めて楽しいと脳に刻まれるのでは

と、この旅に思う

 

f:id:gyozaoishii:20160905143726j:image

f:id:gyozaoishii:20160905143735j:image

 

上記のことを友達にだいぶ省略して伝えたら

彼は、「誰かが隣にいてほしい、その寂しさが好き」と言っていた

ほ〜そんな見方もあるか

 

f:id:gyozaoishii:20160905144328j:image

 

そういえば、朝勧められた喫茶店にいってみたの、勇気を出して

そしたらね、まあ当然アイスコーヒーはブラックで出てきて

ミルクと砂糖がでてきたの、まあ砂糖じゃないんだけどね

砂糖だと思ってブワーッてふりかけたら塩だったのね。

コーヒー全部飲めなくなっちゃった、あーあ

 

だから、もう一人で喫茶店行くときは

スタバ、タリーズドトール等へ。

「昔ながら」の喫茶店には行かない〜

 

さっきの、ご飯に関してひねくれたことを言ったのは

この喫茶店のせいかもしれないね、絶対そうだね

 

マックフィズのゆず、コンビニで買ったフルーツカップ

ごくわずかな、孤独を感じない食べ物は全部甘かった

だから人はチョコレートをつまむのか

 

寂しさは砂糖、砂糖は麻薬。。

 

 

 

 

熱海

f:id:gyozaoishii:20160904213710j:image

 

熱海にいます。宿はゲストハウス まるや

すごくデザイン、雰囲気が素敵な宿です

 

熱海の街は坂道ばかりでとても風情があります

観光客も多いのでしょう、ホテルと飲食店がずらり

 

f:id:gyozaoishii:20160904214721j:image

 

一人旅最後の地でも、やっぱり1人で飲食店に入るのは克服できませんでした

ファミレスなら大丈夫だけど、

せっかくおいしいものとかがある土地に限って

なんだか怖気付いて

結局コンビニとかになるんだよな

カップルと女子軍団を横目に

海辺でねぎとろ軍艦とファミチキ、ピンクグレープフルーツカップを食らう

 

f:id:gyozaoishii:20160904214845j:image

(我慢できず入水)

 

そういう自分を情けないなと思うけど

これから改善出来る気もしないので

やっぱり一人旅はあんまり向いてないのかもね〜

 

ひとりは気楽でいいなあ

でもそれは買い物とかイベントとか

自分が行きたいところがある場合で

 

やっぱり綺麗なものとかおいしいものは

好きな人と共有したい訳で。。

夜もこうやってブログを書いたり明日のことを考えたりするのもいいけど

好きな人と、今日も楽しかったね、明日も晴れるといいねとか

語り合う方がすきかもね〜

 

というわけで、ゲストハウスに泊まってるのに

案の定共有スペースに行くことはできずに

個室でぽけーっとしてしまうのでした。

 

明日になったら18きっぷは綺麗に5つのスタンプで埋まる

あした家に着いたらまたいつもの生活が始まる

なにしよーどこいこー

 

 はやく10月こないかなあー。

 

 

 

 

 

 

 

終盤

 

東京満喫。自分の行きたいところへ

足が持つ限り歩き続ける

 

わたしは、めんどくさがりですが

行きたい場所にはどんなに疲れていても

いくタイプなので

友達がヘトヘトに疲れているのに

私だけずんずん歩いているみたいなことがたまにあって

 

一人だとそれを気にしなくていいからよいですね!

 

f:id:gyozaoishii:20160903205534j:image

 

そういえば、この薄汚い中銀カプセルタワーホテルを

ガシャガシャ写真撮って見てたら

遠くの方から歩いてきた男性も写真を撮っていて

私に話しかけてきました

 

in ENGLISH ...(⌒-⌒; )

 

彼はどうやら韓国人で、デザインを勉強しているらしい

グラフィックもプロダクトもいろんなものに興味があって

今は日本の建築を見て回っているといっていました

 

私は英語ができないけれど

笑顔となんとかして伝える意思はあると思っているので

楽しく会話できました(^_^)

なんだかすごいね〜ほんとにこんなことあるんだ

ちゃっかりFBも交換して謎の鏡も貰った

f:id:gyozaoishii:20160903205900j:image

うん、謎!

楽しかったな〜

彼は私と別れたあと、無料の駐車場で寝ると言ってました

大丈夫かなあ

 

そんでそのあと六本木、原宿とやることやって

今はまたいつものカプセルホテル

土曜だからクッソ高い。これは大誤算…

 

そんで、明日は下北沢で古着を漁り、

熱海のゲストハウスに止まります

海まで歩いて3分らしい

いい出会いがあるといいな〜

 

一人旅も気づけば5日目で

あっというまにおわりそう

もともと何日するか決めてなかったけど

お金もそろそろ余裕がなくなってきたので

大人しく帰ろうと思います

楽しかったな

 

f:id:gyozaoishii:20160903210256j:image

日本橋三井ホールは全部の階がそれぞれ天井の模様が違うくて全部綺麗だった)

f:id:gyozaoishii:20160903210322j:image

(浅草文化観光センター。私が行った建築探訪の中で一番好きでした)

f:id:gyozaoishii:20160903210356j:image

(れいくんと色違いテトぐるみ◡̈お土産であげる  )

f:id:gyozaoishii:20160903210410j:image

(マックフィズのゆずめっちゃうまかったです)

 

ではおやすみなさい!

 

 

 

3日目

 

遊びに行くのではありません

勉強してくるのです

いろんなものを吸収してきなさい

という、小学校の修学旅行以降の

旅に対する重圧感

 

なにかを得ないないといけない

楽しんで帰るだけではいけない

みたいな意識が根付いてしまっているのね

 

この旅はわたしがもらったお小遣いで

わたしの選んだ宿に泊まって

すきなものを食べて

すきなところに行って

すきなものを買って、すきなものをみる

なににも縛られることはありません

 

自由そうに見えるふりをしているだけなのかもしれない

自由になるためには制約を知らなければならない

楽しまないといけないと考えるのもまた楽しくない

まあ、今は移動と宿泊しかしてないようなものだから仕方ないけど(移動は大好き)

楽しい気持ち、好きな気持ち、うれしい気持ちは

気の持ちようというよりも自然発生的

人にわからなくても自分だけ楽しくなったり

そういうのがあるだけでじゅうぶんね

 

わたしは都会が好きです

だから、この旅でゆっくり落ち着いて丸一日、丸二日とか過ごす場所は東京です

今日は、浜松で餃子たべて東京に向かいます

餃子Love

 

f:id:gyozaoishii:20160901113432j:image

(名古屋スパイラルタワーズ、圧巻でした)

 

 

記事を書ききれずに浜松駅に到着

あんまりお腹すいてなくて(おいしくない野菜生活かぼすミックスのせい)

でも時間もないので浜松餃子のお店へ

 

餃子を食べに1人で店にいけるようになったんだなあ

我ながら1人の行動範囲を広げられていることに感心している

 

浜松餃子はむつぎくというお店が良さげだったので、駅から徒歩3分よろよろあるく

 

開店前からお客さんが並んでたけどオープンしたら店にすんなり入れました

 

わたしは餃子ラブウーマンなので今日はレポートしちゃいますチャイナ

 

頼んだものは

・餃子 小(8個入り) ¥480

・半ライス ¥100

やすいっ!駅の中のよくわからん餃子屋さんに妥協しなくてよかった(◜௰◝)

 

しばらくして餃子到着〜おいしそう(◜௰◝)

f:id:gyozaoishii:20160901122344j:image

 

さっそく一口。。

お〜〜〜〜こういう、餃子もあるのね!あり。

f:id:gyozaoishii:20160901121119j:image

 

中身の9割が野菜!!

めちゃくちゃあっさりしてて、自然な味で美味

皮も外はパリっとしてて、でも柔らかくてうまし〜〜

 

肉肉しいのが好きな人は物足りないとおもいます

お腹すいてなかったからちょうどよくてパクパク食べて

最後はなんとなく物足りなくなってきた、逆に(笑)

8個中1つは肉肉しいの入れてます的なサービスがほしくなりました

 

まあそんなかんじで程よい満足感で浜松をあとにしました

 

今からは静岡をとおって東京にむかいます〜〜

 

 

レポートだとひいひい言って書いてるのに

ブログだと1000文字なんて余裕

 

昨日ツイッターでこんな記事を見かけました

http://bit.ly/2bDirrt

 

へー、地球の他にも、何かの生命がいて文明とか作ってるのかな〜

もしあったなら

いつか地球vsその星みたいな戦争も起こるのかな、スターウォーズ

 

友達が歌ってた

2355っていう番組の歌を思い出す

f:id:gyozaoishii:20160901122106j:image

 

この世には 我々の 想像や人知を越えて

すばらしく 不可思議な 見たこともない 世界がある

 

2日目が始まります

 

からだの事情で

座るも立つも腰が痛い

 

昨日は一人旅の1日目で

電車が金沢駅ついたあと、すぐに21世紀美術館

無料の展示を軽くみてまわり

1人で見てるから余計にっていうのもあるけど

カップル、女集団がキャイキャイとうるさいなあ〜

とすこしイラつきながら

いざプールの中にゆかんとしたのだけど

チケット買うとき、学生証がなくて(自分で手帳に入れてたのに忘れてた)

結局焦って一般の料金で入ってしまった、すこし悲しい

 

プールは思ったよりも狭くてちっちゃかった

でも人はぎっしり詰まってた

上を眺めてぼーっとする人はほとんどいなくて

シャッターを切っては画面を確認し、それを繰り返して帰って行きました

うーん

 

思いの外のスケールの小ささと

ミュージアムショップの馬鹿高さと

買いたかったものがもう置いてなかったのとで

ちょっとシュンとしながら

はじめて泊まるカプセルホテルに向かいました

 

へとへとに気疲れして

でもこういうときは気を張らずに安心できる場所に行けばいいのだと言い聞かせ

デパートの中のサイゼリヤに落ち着く

ハンバーグ食べて近くのコンビニで朝ごはんを買い、カプセルホテルへ

 

こんなにも緊張したのは久しぶり

心臓ばくばくしながらカプセルホテルに向かいました

怪しい、古そうな謎のビルの4階、

フロントで説明を受けてなんとか部屋にたどり着いて

他のカプセルに泊まる人が来る前にーって焦って焦って風呂を済ませ

身支度整ったのは夜の9時。はやすぎた。

 

妙に落ち着くカプセルの中で1日を振り返り

一人旅を楽しめてないなーって感じて

ある人に教えを説いてもらって

全て忘れて自由になろうと決意しました

そこからはカプセルの中のテレビで闇金ウシジマ君season2を全話見て

1時半ぐらいに就寝

 

結局部屋に女の人は誰も入ってきませんでした

あれだけお風呂急いで水滴もだいたい拭いたのにーっ!

なんだか恥ずかしいね〜、もっとゆっくり気楽にいこう

 

そして今日の朝、7時に目覚めて身支度を済ませ兼六園へ歩いていきました

昨日よりもずいぶん暑くてきついけど

時折吹く涼しい風、心を落ち着かせて深呼吸

 

水の音が大好きだからぽけーっと池の滝とかを眺めて

小川もぼーっと眺めて

涼しいなーって思いながら1時間弱を過ごして

かき氷のお店を横目にバスへ乗って帰路に

兼六園よかったなあ。

 

f:id:gyozaoishii:20160831103326j:image(素晴らしかった。。)

 

金沢駅で人生はじめての駅弁を買う

カニ、のどぐろ、うーん魚介はあまり得意でないので

大好きなお肉を!まよわず牛肉おこわ弁当、1000円。

旅の楽しみの1つに駅弁、という人の気持ちが少しわかる気がした、まだ食べてないけど。

 

いまは昨日通った道を折り返して福井、滋賀に向かっています

今日は6時間ほど移動します

コンビニで買った朝ごはんはなんとなく食べる気分にならない

おやつ行き。

 

f:id:gyozaoishii:20160831103047j:image(金髪なのに存在感が薄いことに気付き始める)

 

ひとりたび

旅とか遠いところに出かけるとか
いつもとちょっと違うことをするとき、
楽しみよりも不安のほうが大きくなってしまう性格です

 

せっかくだから楽しみなよ、と言われても
小さなことが何かと心配でそわそわしてしまいます(実際に行っちゃえば楽しむのだけど)

 

だから、一人旅をするのはそういう心配性を打ち破るためとか
楽しみだけどめんどくさいっていう壁を乗り越えて動けるようにとか
そういう目的も含めています

 

この旅は、課題の建築探訪も兼ねて
デザイン・アート・クリエイティブなスポットやイベントを中心に回って
感性をぴかぴかにするのが目標です

 

でも、私は見方がわかっていないのか(見方というものが存在するのかはわからないけど)
ただ、「おおー!ビューティフォーグレート」みたいな感想になるだけでは
なんとなくもったいないような
でも、その作品の作風をパクったりするわけでもなく
じゃあ一体そこで見たり感じたことをどこに昇華するんだろう〜

 

デザイン(と、その他もろもろ)を学ぶ大学一年生として
デザインの世界の難しさに頭を悩ませる今日この頃
いろんなデザイナーさんがいるけど、その人たちも何かにインスピレーションされてその作風になったのかな〜
私は何を作りたいんだろう〜(本当に作りたいのかもわからない)

 

f:id:gyozaoishii:20160830122046j:image(カタカナの駅名かわいいね)

旅のお供を持ってくるのを忘れました
一年に一冊読むか読まないかぐらいの非・読書家なので
本を持っておらず、暇つぶしがありません
今はただ、雨が降ってきた福井県の、霧のかかった山をぼーっと見ているだけです

 

今日は福井県B級グルメの、ソースカツ丼をお昼ご飯に食べるつもりでいて、
食べログとか見ていると、食通みたいなひとが
店内写真・ご飯が来たとき・蓋を開けたところ・カツの厚さ・完食後
みたいに食事の各ステージみたいな写真をあげているけど
飲食店の人もそんなに評価されていろいろ大変だな〜と思った、まあそれがお店にとって大事な意見になるんだろけど
私は早く食べたいタイプなので、あんまり食べ物の写真撮らないですね〜

 

ブログをぷらっと初めてもう3回目ぐらい
一回記事書いて永遠に更新しない、みたいな
今回は続けれるように、ぼちぼちと記事を書こう〜

 

前の記事は大学入学前なのね〜

 

乗り遅れた汽車の中でぼんやりと



何か楽しいものを計画して

ああ楽しみだソワソワする、ドキドキする

と感じるタイミングは

ここ最近はずっと、その出来事の渦中にあるか、それが終わったあとにずれていっているような気がする

歳をとっていくうちに自分をわくわくさせるものが減っていく

すこし成長して賢くなると知識が増えて

何かをみても ああこれは、あれに似ているからこうなのかも

とか考え始めるから

ドキドキとかハラハラ ワクワクが減っていくのだろうと思う

かといってそのものについて深い知識があるわけでもなく

ただの憶測であったり聞いた話だとかだけど

それで自分の知らない世界を

自分の知っているものに置き換えてしまう恐怖と悲しさ


今まで見たもの知ったものを全部なかったことにしたら!

というわけにもいかず。


今日は乙女で、今日の夜から始まる旅行計画を立てました

ディズニーランドなんて何もわからないから

話に全然ついていけなくて、わかるものだけうんうんと参加する

旅行は心躍るものだけど私は昔から旅行の前日には気が張る性格で

無駄に疲れてしまったりしてしまうのだけど

ここ最近はずっと買物ばっかりしては寝ての繰り返しなので

何も考えずにぱーっと遊ぼうとまた無駄な力を込める


わからない知らないところに飛び込むことを恐れない人間になりたい!

なんでも自力でぐーーっと進んで

楽しそうにいきたいなあ

そういうわけではやく京都に行っちゃいたいと思う理由になるのです


ブログをするにあたってスマホで気軽に更新するんじゃなくて

ルーティン、というもの すなわち!

パソコンに向かって今日のことを振り返りながら思考を言葉に残す ことをしようと

思っていまして

だけど自分のパソコンがまだ届かないから

どうしようもないんですけどね。


こーばくんがmac買っててまた心が乱れる

ずっと欲しかったものを手に入れたほうがよかったのかしら

そういう余計なことにまた思考を巡らせ

やっぱりでも大学生活考えたら私の選択も間違っていないと心を落ち着かせ

まいにち忙しくセカセカ 


寝て時間を過ごすのはいいことだけど

こんなんじゃ春休みなんてすぐ終わってしまいますから

ちゃんと何かをした日を積み重ねたい。