殻に閉じこもる感覚

 

最近、おもうように好きなことに向き合えません

あの日のあの言葉で、好きなことを好きなだけじゃダメであるかのような気がしています

それが好きで、それに影響をうけて、自分を形成していく

わたしはそれができていない、面白くない人間であるような気がする

 

 

それがつらくてつらくて

だから今日何か搾り出そうとして

画用紙を広げて絵の具をのせたのだけど

何も書けなくて捨ててしまいました

シャーペンに持ち替えてもなにもかけないのでした

 

だからおとなしく、たのしくトレースしようとおもいました だけど

わたしは昔に本当に好きだった絵師さんがいて

ツイッターもタンブラーも残ってなくてもう絵は見れないのだけど

その人のような絵を描きたい、けど

どうしようもない、またチョコを口に入れて倒れこむ

 

 

川上未映子、禁断の多数決、lamp、フェアリー、古着、チョコ、牛乳、柑橘、アクセサリー、きらきら、もこもこ、三重野さん、千原さん、佐々木さん、ikumi、bopper、アーバンギャルド中村ちひろちゃん、乙女、お母さん、れいくん、雲、肉、相対性理論、ラブリーサマーちゃん、パソコン、VOU、京都、にっこり、幾何学柄、ツイッター、甘いもの、透明感、アリムラさん、HUS、ZINE、虹色、かわいいもの

 

 

そもそも、自分の内側にあるものを何かの素材を選んで表現して人に訴えかけることができる人間なのかな?

でも、それができないならきっとアーティストにはなれないけれど、アーティストになりたいわけじゃないからいいんだよね

 

 

すごくセンスがよくていっぱい考えられてて

人を惹きつけるフライヤーとか装丁とかを見たら

こんなのできっこないぜーとかおもうけど

まあまだ、経験もないしできないか、、とかおもうけど

それは言い訳なような気もする、だって

同級生とか3つぐらいしか変わんない人とか

すごい人いるもんね、

やっぱりまだまだ勉強だね

気に病む間も無く勉強しないとね

だってデザインが好きだから、もうここでデザイン以外の道を考えられないから

がんばろ

 

 

ところで、川上未映子さんご存知ですか

わたし本当に川上未映子がすきで

言うてまだ4冊しか読んでなくて、

今ヘヴンよんでます

 

高校の時、ツイッター川上未映子の文章に出会って、

発光地帯のスノードーム前々夜だったかな

そこでずっと心にとまってたんですけど

大学に入って愛の夢とかを読んで

死ぬほどハマりました。

リボンにお願いと、わたくし率イン歯ー、または世界を読んだんですけど

愛の夢とかの、特に「いちご畑が永遠に続いていくのだから」は7回ぐらい読みました。

日常生活を鮮やかに、鮮やかじゃない色で書くと言うか

文字だから白と黒しかないんだけど。

情景が浮かぶけど、その情景は明るくて元気な様子じゃなくて

すこし褪せたような色味ってかんじで、静かで穏やか。

その感覚がたまらなくすきで、丁寧で

言葉遣いとテンポも本当に好き!

わたしはあまり言葉をまとめて伝えることができないんですけど

その脳内をすこし美化して、そのまま文章にしてくれているかんじがする。

好き〜だいすき、

 

まあそれはさておき

わたしははやとちりだから

ゆっくりしっかりと19歳を生きよう

言い聞かせる。