2017

2017年も年の瀬、色々と思いかえそうと思ってブログを久しぶりに立ち上げました

個人の綴りなので、誰に向けて意識しているわけでもないです

サラハで「もっとわかりやすい文章をかけ」「抽象的すぎる」「ブス」とかいう悪口を送って来ないでください、フリじゃないです

前の記事は大昔のことなので少し恥ずかしいので、あまり見漁らないでね・・

 

 

2016年は確か、受験に始まり大学生活最初の年で右も左もわからず・・・っていう感じだったのですが

今年はそんな平和でときめかしい年ではなかったとまず断言できます

 

私はただひたすらに、今まで社会を知らなくて

当時の彼氏も高校や大学の友達も、

私と同じ価値観の人間を自然と配置してきたようでした

 

どこからそこに物足りなさを感じてきたのかは曖昧ではあるけれど、

もともと好奇心は旺盛な方、というか、

興味を持ったら手に入れなければ体験しなければ気が済まない人間なので

 

そんな具合で1月あたりは

当時通っていた外部のセミナーのようなもので感化されたのも重なり

悪い大人にあっさりと引っかかるのでありましたな〜

 

今までふんわり何も知らずに生きていたのがダメだったんでしょうけど。

まあそれからすぐに、2年半弱付き合った恋人と別れまして

主に大人に、今まで知らなかった世界に連れていってもらったりしました

後先も考えず、吟味もできず、悪と善の判断もできず

満たされていく好奇心とは反比例して

今まで保ち続けていたはずの自分の芯が完全にブレていきました

 

 

人間として、女として、学生として、成人として、

どうあるべきなのかわからなくなって

私はその答えを知りたくて、世間の目も憚らずにとにかくいろんなことをしていました

そこにある種の欲が介在していたことも否定はしませんが

今思い返せば自分のキャパシティを超えることを

自分はこういう人間なのかもしれないと思い込むことで

大人になっている気分になっていたのかもしれません

そういう割り切った性格でもないのに

 

でもそういう中で考えたことなんですけど

いろんな人と出会って話をすると、もう、何も言えなくないですか?

世の中には事情のある人が多過ぎて、それぞれが物差しを持っているから

極端な例でいうと、人を殺してしまった人も一概に責めることはできなくないですか?

だから、人のことを、しかも本人が嫌がる形で攻撃する人がわからないです

理解することを放棄するぐらいなら攻撃に逃げず黙って去ってほしいものです

なんの話かしらん

 

 

5月に、とある男性とたまたま会いました

私はいつもの、中身のないくだらないやり取りに嫌悪感を抱いており

これに終止符を打つことだけを考えていました

で、たまたまあった男性に告白してその日に付き合いました

もう、デートを重ねたりとかも一切なく

一旦、「彼氏」という存在を立てることで

私はこの生活をやめることができると思っていました

 

そういう私も、付き合ってくれた彼氏も頭がバグってると思うのですが

なんやかんやでその彼氏とは最近まで付き合っていました

私は、地元にも大学にもいないタイプの人間で

最初から最後までずっと、分かり合えないと思っていました

 

私は心が弱く、確固たる自我を持ち合わせていないので

2017年上半期の、心と行為が伴っていないあの期間をよく責められていました

まあ、理解されるはずもないです

 

目の前のことを一緒に楽しんで

知らないことを教えてくれる、話してくれるところが好きでした、今も好きです

5月から12月の付き合っていた期間、

彼氏に必要以上に警戒心を持っていたので、

傷つけたことも少なからずあったと思います

私も彼も悪いし、私も彼も悪くないのです

ずっとそう思っています

 

私が色々と耐えられなくなって、別れを切り出しましたけど。

結局、彼氏でなくなることでお互いの生活を必要以上に干渉してはいけない、と言う意識を自分に植え付けるための別れに過ぎなかったと思います

嫌いになったのではないのです

周りの心配してくれた人には申し訳ないです

私は嘘でも、私を必要としてくれる人を突き放すことができません

時間が経って彼の中で私が死ぬまで、私は彼を殺せません

 

未練がましいものがタラタラな女の戯言が続きましたが・・・

 

得た新しい友達もいたり、今までなんとなく手をつけなかったものに手をつけたり

色々と変わることが多かったです

化粧も変わったし、金遣いも変わったし、行く場所も変わりました

お母さんには、もう娘じゃない別の人間を見ているようだと言われました

 

友達と恋人と家族のカテゴリーに分類できないような人間にも出会いました

出会いましたっていうか、出会っていたんだけど、やっとちゃんと話せて確信できたという感じです

最近手紙をくれた人物で、私との出会いから始まる思い出を彼の言葉で綴ってくれました

多分、これからずっとその人と一緒にいるんだろうなと言う感じがします

将来、一緒に東京か香港に逃げると思います

各々安心して自由に生きるための場所としてあり続けたいです

 

 

1500文字を超える文章をまとめるなら

バグってバグってバグりまくった一年でした!

出会ってくれた人たちありがとうございました

2018年も、私の好いてくれる人は仲良くしてください^^

愛してます

お疲れ様でした。がんばろ〜